人材確保とチャンス

スマートフォンが多くのユーザーを獲得できた理由としては、ソフトウェアを自由にカスタマイズできる利便性が受けた点が大きいと言われています。従来の携帯電話では、ソフトウェアはハードウェアに依存したものであり、ユーザーに自由に選ぶ権利はありませんでした。しかし、スマートフォンが登場したことで、ユーザーそれぞれが必要とするソフトウェアを自由に選べるようになります。スマートフォンソフトウェアの需要の増加は、javaアプリなどの開発の人材の不足を招きました。このことから、開発現場では多くの開発人員を必要としているにもかかわらず、人手が足りていないという状況にあります。人材不足を補うため、他のソフトウェア開発の分野からスタッフをスカウトしたり、あるいは海外に目を向け、スマートフォンアプリの開発ができる開発会社連携するという手段が選べます。加えて、スマートフォンユーザーの要望にあったjavaによる開発を行うためには、市場を調査し、要望にあった開発ができるスタッフの確保も必要です。スマートフォン業界に熟知していて、開発で実績を残してきたマネージャーの人材確保は、さらに難度が高まります。しかし、スマートフォン向けのソフトウェア開発でヒットすれば、大きな利益が得られるというチャンスは魅力的です。そのため、一攫千金を求めて、アプリ開発の業界にチャレンジしている起業家が多いという状況が、この業界ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です